自動車向け機能安全規格であるISO 26262は、欧州の自動車業界が中心になって策定されました。日本でも2010年ごろから、大手自動車メーカーとメガサプライヤを中心に、ISO 26262に準拠するための取り組みが進められてきました。

 しかし、ISO 26262の規格文書が正式に発行された2011年11月から間もなく3年経過しようという現在も、ISO 26262に関する情報を求める声が聞かれます。その多くは、ISO 26262への対応が遅れている中小サプライヤの「どうすれば早急にISO 26262に対応できるのか」というものです。

 その一方で、ISO 26262への対応をある程度済ませた自動車メーカーやサプライヤも問題を抱えています。それは、ISO 26262に準拠した開発を行う上で最も重要な「安全コンセプト」と「安全アーキテクチャ設計」にまつわる問題です。各企業が、「安全コンセプト」と「安全アーキテクチャ設計」の方法論を確立していないため、自動車開発のサプライチェーンの中で考え方や解釈に食い違いを生じ、ISO 26262で最も重要なエビデンスの欠落や開発の遅延を招いてしまっているのです。

 本セミナーでは、ISO 26262の策定活動で日本代表メンバーを務めた原秀幸氏と山下修平氏を講師に迎え、車載システム/ハードウェア/ソフトウェアの開発を担当している技術者を対象に、「安全コンセプト」と「安全アーキテクチャ設計」の方法論を確立するための手法についての実践トレーニングを行います。

受講修了者には、DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社
による受講証明書をお渡しいたします。

講師プロフィール

【講師】
DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社 機能安全部
原 秀幸氏

日立製作所にてプラント制御用コンピュータシステムの CPUハードウェア・ファームウェア開発、エンジニアリングワークステーション( EWS : 2050G )ハードウェア・ソフトウェア開発、ETC車載器における路車間通信LSI及び暗号LSIの開発を担当。
その後、ルネサステクノロジ(現ルネサスエレクトロニクス)にてSH2クラスのCPUコア論理設計に従事した後、日立オートモティブシステムズに異動し2005年より ISO26262 審議の日本代表メンバ 五人の一人として規格発行までの6年間におよぶ議論に参加。
2012年10月より現職。
【講師】
DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社 機能安全部
山下 修平氏

1983年日産自動車に入社、30年にわたりエンジン制御等の車載電子システム開発に従事した。この間、2005年より自動車技術会機能安全分科会長に就任しISO26262策定活動に参画、日本代表メンバを務めつつ国内の関連活動を主導した。2013年には欧州系認証機関日本法人に移り機能安全テクニカルディレクタとして国内各社の当該規格対応の相談に応じた。2014年5月より現職。

対象者

自動車メーカー、サプライヤおよび関連する組み込みソフトウエアメーカーにおいて開発・設計に携わるリーダークラスの方 など

※認証機関にお勤めの方、および上記対象外の方のお申し込みはお断りすることがございます。予めご了承ください。

講義プログラム

受付
9:15~09:30
セッション1
9:30~10:50
安全コンセプトの役割

ISO26262における機能安全コンセプト(FSC)、技術安全コンセプト(TSC)、アーキテクチャ設計を束ねた概念である安全コンセプトの意味合いを紐解き、安全アーキテクチャ設計の考え方を明らかにする。その上で必要な方法論の整備や統一された表記法の導入、さらにそれらのツール化のニーズについて考察する。


原 秀幸 氏
休憩
10:50~11:05
 
セッション2
11:05~12:25
安全要求(SR)とASILの基本原理

ISO26262の求める安全要求の詳細化や冗長化、さらにそれらのエレメントへの配置の際に準拠すべきASIL操作の基本原理を再点検する。この中でデコンポジションやFFI(Freedom From Interference)の規格の意図する正確な意味合いも解説する。

山下 修平 氏
昼休憩
12:25~13:25
 
セッション3
13:25~14:55
メタモデル仕様の解説 

統一された表記法としてのメタモデル:安全コンセプト記述言語(SCDL:Safety Concept Description Language)仕様を解説する。エレメントの表記法、安全要求の表記法、それらを統合した安全コンセプトの表記法、ASILの取扱いルール等を説明する。

原 秀幸 氏
休憩
14:55~15:10
 
セッション4
15:10~16:40
安全コンセプト作成事例紹介

仮想システムを題材に、安全要求導出や安全分析の手順を交えながら安全コンセプト記述言語(SCDL)による安全コンセプト作成の事例を紹介する。この中で規格が求める作業成果物の合理的な姿のヒントを提供する。

山下 修平 氏
Q&A
16:40~17:10
 

※講義内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【セミナーお申込みに関して】
・本セミナーは、銀行振込による受講料の前払いが必要です。
・対象者の皆様には、後ほどお支払いに関する詳細と、受講票が送られて来ますので
 案内に沿って期日までに受講料のお振込みをお願い致します。
・お振込みの手数料につきましては、受講者様のご負担にてお願い致します。
・受講者様のご都合によるキャンセルにつきましては返金を致しません。

主催


アイティメディア株式会社
エンジニアリングメディア編集部


協賛




DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社


■最少催行人数について


・本トレーニングの最少催行人数は35名です。
参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、
開催を中止させていただくことがあります。予めご了承ください。