このような疑問を抱えている方へ

・DB運用プロセスの改善を検討している方
・バッチ処理の長時間化に課題を感じている方
・チューニングによるDBパフォーマンス改善に限界を感じている方
・フラッシュストレージの適用領域や検証方法を精査したい方

本セミナーのナビゲーター

ストレージI/O性能の多大な影響を受けるデータベースアプリケーション。

バッチなどの重い処理を時間内に納めるにも、人力チューニングだけでは限界があります。だからこそ、ハードウェアとその特性を理解した上で、適切な選定・対処を行う目利き力が求められるのです。

では安全かつ堅牢に、しかも低コストで高速なデータベース運用環境を整備するには、どのような観点を持てばよいのでしょうか。

企業の収益・信頼を支える“エンタープライズ用途におけるデータベース高速化”の要件を、エキスパートとともに明らかにします。

@IT編集長 内野宏信  

講演プログラム

開会挨拶
13:00~13:10
 
基調講演
13:10~14:00
楽天のサービスを支えるDB高速化技術

山崎 遼氏

楽天株式会社
データストア管理グループ マネージャー
楽天市場を中心に多くのサービスを展開する楽天グループ。そのサービスの根幹を支えるデータベースシステムは、いかにしてサービス要求に応えるべく高速化を実現してきたか。フラッシュテクノロジーの導入を中心に変遷と共にご紹介します。
セッション1
14:00~14:40
検証結果で実感ください!
ALL In-Memoryデータベースシステム


岡本 健氏

マクニカネットワークス株式会社
ネットワーク第2事業部 プロダクト第3技術部 第3課 課長

横谷 誠一氏
富士通株式会社
プラットフォーム技術本部 ISVセンター

昨今、データベースの高速化にはインメモリ―データベースの話題があがりますが、高価なDRAM、煩雑な運用など導入に向けたハードルはまだまだ高いです。今話題のオールフラッシュアレイなら、既存ストレージ環境をそのまま置き換えるだけで、データベースの超高速化が実現できます。まさにオールインメモリーデータベースシステム!このオールインメモリデータベースシステムの検証を富士通様と共同で実施致しましたので、その検証結果と活用方法を講演します。
休憩
14:40~14:50
 
セッション2
14:50~15:30
DB高速化の決め手は…!? ~オールフラッシュストレージアレイ Pure Storageが実現する高速DBソリューション~

杉山 俊氏

図研ネットウエイブ株式会社
営業本部 第二営業部 専任部長

DBを高速化ためのソリューションは、速度を求めれば求めるほどそのコストは青天井で高くなっていくのが実情です。 では、現実的に「速く」、「効率的」でさらに「コスト面でも貢献」できるストレージとは何か?それにお応えするのがオールフラッシュストレージアレイ 「Pure Storage」です。 本講演ではオールフラッシュストレージアレイ「Pure Storage」の実力を余すところなく皆様にお伝えいたします。
セッション3
15:30~16:10
ビッグデータ時代におけるデータベース・ソリューション

山口 永記氏
デル株式会社
インフラストラクチャ・コンサルティング・サービス本部
パートナ&サービスマネジメント部
部長 兼 データベース・プラットフォーム ストラテジック・ソリューション・マネージャ

本セッションではシステムの根幹となり大容量化が進むデータベースに求められる各要件の中で特に性能に関する課題がユーザや企業経営にどのような影響をもたらしているのかを再考しながら、最新のテクノロジーと手法によってどのように解決できるのかを事例とともに紹介いたします。
休憩
16:10~16:20
 
セッション4
16:20~17:00
データベースと最先端ハードウェアの真実。
―SSDを搭載するだけで速くはならない―


石川 雅也氏

株式会社インサイトテクノロジー
取締役 CTO

データベースを高速化するために、SSDや大量メモリを搭載するハードウェア製品やアプライアンス製品が増えています。SSDを搭載するだけで性能問題が解決できるかというとそうではない、というのが事実です。データベースの特性、アプリケーションの特性にあったものを選定する必要があります。
本セッションでは、データベースとハードウェアを知り尽くした技術者が、データベースと最先端ハードウェアをどう組み合わせれば、最適なコストパフォーマンスが得られるかについて、具体的な性能検証結果を交えながら解説させていただきます。
休憩
17:00~17:10
 
パネルディスカッション
17:10~18:10
DB高速化にまつわる疑問、すべてを聞こう、答えよう
谷川 耕一氏
モデレーター

DB高速化に関して疑問や課題をお抱えの方は、下のお申し込みフォームの質問募集欄になんでもお書きください。
パネルディスカッションでズバリ回答いたします。

(お時間の関係で、全てには答えられないかもしれませんが、できるだけたくさんの疑問を解消できるように頑張ります!)

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。