【基調講演】『工事進行基準の直前期における留意事項』
公認会計士でもあるベリングポイント山田 和延氏がプロジェクトマネージャーのみならず、営業、財務・経理や経営者など、様々な立場ごとに確認しておきたい留意事項を解説します。

【特別講演】『ついに来た!工事進行基準!結局現場は何をするの?
       ~すでに取り組んでいる開発現場よりのメッセージ~』

人気連載「プロジェクトの闇、見積もりに光を!」筆者の佐藤 大輔氏が見積と進捗管理のポイント、効率的で安定したプロジェクトマネジメントが可能な組織づくりについて、実践的な内容で解説します。


 2009年4月からの工事進行基準適用開始を直前に控えたいま、準備しなければならないことは何なのか?
 今回、2回目となる@IT情報マネジメント主催の本セミナーでは今この時期にこれだけはやっておきたいことなど、皆様がそれぞれの立場で優先順位をつけて取り組んでいくためのお手伝いをいたします。

満員御礼
お申込を終了させて頂きました

プログラム

13:00

13:05
開催のご挨拶

アイティメディア株式会社
13:05

13:55

基調講演

『工事進行基準の直前期における留意事項』

工事進行基準の適用開始まで残された時間はわずかとなりました。来年度からの適用に向けて、体制構築の最終段階となっている会社も多いかと思います。このセッションでは、直前期において再度確認しておきたい留意事項を、プロジェクトマネージャーの立場のみならず、営業、財務・経理や経営者など、様々な視点から解説します。

講演者:
ベリングポイント株式会社
シニアマネージャー
公認会計士
山田 和延 氏



東京工業大学工学部卒。一般事業会社を経て、朝日アーサーアンダーセン株式会社(現ベリングポイント株式会社)に入社、現在に至る。
制度連結システムの導入、グループレポーティングシステムの構想、連結予算管理システムの構想と導入、決算早期化、企業組織再編、各種規定整備、内部統制等のコンサルティングに従事。会計制度変更による影響や対策、管理会計の取り組みに関する講演・雑誌寄稿等多数。
13:55

14:40

セッション1

『工事進行基準で求められるプロジェクト管理会計とは。』

自社内でプロジェクト管理会計システムを導入して10余年。そこで永年培ってきましたノウハウをベースに会計システムトップベンダーのOBC勘定奉行【個別原価管理編】と密結合させ、両社で業務に即したプロジェクト管理会計システムを共同開発いたしました。
今回の講演ではプロジェクトリーダの役割を明確にし、部門長、経営者の視点でプロジェクト管理会計の導入効果を提言いたします。 また、今年4月より施行される工事進行基準対応への早期導入モデルも併せてご提案いたします。

講演者:
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
パッケージソリューション推進部
取締役 部長 岸 賢 氏
14:40

14:45
小休憩
14:45

15:30

セッション2

『MA-EYESで実現する高度なプロジェクト管理 ~進行基準への対応~』

高度なプロジェクト管理は、工事進行基準への対応だけでなく、赤字プロジェクトの削減、適正なリソース管理など様々な効果をもたらします。 本セッションでは、高度なプロジェクト管理を実現するMA-EYESの製品概要やシステム構築事例についてご紹介いたします。

講演者:
ビーブレイクシステムズ
営業部 広報・営業推進チーム
リーダー 木塚 愛美 氏
15:30

15:45
休憩(コーヒーブレイク)
15:45

16:35

実践事例セッション

『ついに来た!工事進行基準!結局現場は何をするの?
~すでに取り組んでいる開発現場よりのメッセージ~』


 いよいよ工事進行基準がITプロジェクトにも取り入れられることとなります。
 今回は会計/経営的なアプローチではなく、あくまで開発現場での取組についてのセミナーです。

 すでに経営層から現場まで工事進行基準にも取り組むオープントーン社より「工事進行基準と開発現場」という視点から「実際に工事進行基準の採用を経営層・会計/監査部門より求められた時になにが現場に必要か」を説明いたします。

 対象者は中規模までのプロジェクトに携わるマネージャー・リーダー層です。

 主なセミナーの内容は
  ・見積もりの客観的基準・手法の取り入れと確立
  ・進捗管理の客観的基準・手法の取り入れと確立
  ・見積もりおよび進捗管理から会計基準への連携・アウトプット

 単に、工事進行基準の適応を経営・会計的な欲求に答えるだけに終わらせません。
 この機会は、組織レベルの変革の機会「チャンス」です。
 より効率的で安定したプロジェクトマネジメントが可能な開発組織づくりを目指しませんか?

株式会社オープントーン
代表取締役社長 佐藤 大輔 氏
複数の大手システム会社でシステム開発においてSEやマネジメントとして活躍後、2003年にソフトウェア開発、システム構築サービスなどを提供する株式会社オープントーンを設立。
大手ベンダーの金融システム構築等のマネージャやアーキテクトとしてプロジェクトに従事しながら、@IT情報マネジメントの工事進行基準コーナーの連載をはじめ、そのノウハウを技術記事の執筆活動にて還元中。Web開発技術や開発プロセス等プロジェクトマネジメント技術に関する講演も多数。

※内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

開催概要

タイトル 工事進行基準適用直前対策セミナー
~見積もりと進ちょく管理の肝を大公開~
日時 2009年2月17日(火) 13:00~16:35(受付開始 12:30~)  
会場 青山ダイヤモンドホール 1F ダイヤモンド >>地図
表参道駅:B5出口直結(銀座線・半蔵門線・千代田線)
原宿駅:徒歩15分(JR山手線)
定員 200名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます  
参加費 無料 
主催 @IT情報マネジメント編集部 
スポンサー ゴールドスポンサー:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(協力:株式会社オービックビジネスコンサルタント)
株式会社ビーブレイクシステムズ ※セッション順
シルバースポンサー:株式会社テックリンク 

満員御礼
お申込を終了させて頂きました


【お問い合わせ先】
アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
Mail:event@ml.itmedia.co.jp
Tel:03-5293-2623

 

ゴールドスポンサー



※セッション順

シルバースポンサー

主催