このような課題や疑問を抱えている方へ


・トップアーキテクトのバックアップに対する考え方に学びたい
・確実な復旧まで含めたバックアップポリシーの策定、設計ノウハウが知りたい
・大規模VMware環境に適したバックアップ方法が知りたい
・仮想/物理、複数ベンダー製品混在環境のバックアップ運用方法が知りたい
・バックアップに関する人員・スキル不足に悩んでいる

※従業員数500名以上の企業で自社の製品選定・導入・運用を担う方を対象としています。
※協賛社の競合企業にお勤めの方、個人の方の申し込みはお断りさせていただきます。
※申込多数の場合、対象の方を優先させていただきます。ご了承ください。


本セミナーのナビゲーター

仮想化、クラウドの浸透は、ビジネスインフラに優れた柔軟性やコスト効率をもたらしました。しかし同時に、これらはインフラの複雑化を招き、管理工数がかえって増大としたケースも少なくありません。特に重要なのは、企業の重要な資産であるデータの扱いと守り方です。

ではVMware環境、ヘテロ環境が当たり前となった今、自社の信頼とビジネスの安定運用を守るために、どのようなバックアップ体制が必要なのでしょうか?

本セミナーではバックアップ設計の考え方、目的別のバックアップ設計・運用ノウハウ、ソリューション比較・導入見極めのポイントなどを、シビアな現場経験を持つエキスパートたちが、現実的な観点から伝授します。

本セミナーのモデレーター  
@IT編集長 内野宏信  

プログラム

 
開会挨拶
14:00~14:05
 
基調講演
14:05~14:50
富士フイルムグループが実践する
確実な障害復旧に求められる真のバックアップ運用設計

柴田 英樹氏
富士フイルムコンピューターシステム株式会社
システム事業部 ITインフラ部 部長

いざというとき本当に復旧できますか?復旧までに想像以上の時間が掛かる懸念はありませんか?このような問いに自信を持って答えるために、ツール・仕組みの導入のみならず、体制、プロセスを含めたバックアップの『運用設計』が不可欠です。確実な障害復旧を保障する実践的なノウハウをご紹介します。

セッション1
14:50~15:35
課題・失敗から学ぶ、VMware環境のバックアップ設計ポイント
木島 亮氏
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製品・保守事業推進本部 ITインフラ技術推進第1部 ストレージ技術推進課

仮想環境に従来からのバックアップ方法を適用するだけでは、データ容量の増加や、シンプルかつ柔軟な復旧要件に対応するのは困難です。本セッションでは、中大規模のVMware環境のバックアップ、災害対策について、現状の課題や失敗から得た、製品に依存しない設計ポイントをご紹介します。
休憩
15:35~15:45
 
セッション2
15:45~16:30
大規模な物理&仮想環境の、迅速/確実/シンプルな
データ復旧運用を実現するには?

勝野 雅巳氏
株式会社シマンテック
セールスエンジニアリング本部 IMソリューションSE部
シニアプリンシパルセールスエンジニア

守るべきデータ容量が急速に増大する中、サーバ環境も物理、仮想、クラウド等複雑化し、データの確実な保護が難しくなっています。同時に、ビジネス側からは今まで以上の保護レベルとコストダウンを迫られ、IT管理者は抜本的な解決策に頭を悩ませています。本セッションではバックアップの統合復旧オペレーションをシンプル/確実に、運用コストを抑えながら実現するソリューションを、特に最近注目される統合型アプライアンスを中心に事例を交えてご紹介します。
Q&Aセッション
16:30~17:00
エキスパートが集結!バックアップの疑問にズバリ回答(仮)
柴田 英樹氏
富士フイルムコンピューターシステム株式会社
システム事業部 ITインフラ部 部長

木島 亮氏
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製品・保守事業推進本部 ITインフラ技術推進第1部 ストレージ技術推進課

勝野 雅巳氏
株式会社シマンテック
セールスエンジニアリング本部 IMソリューションSE部
シニアプリンシパルセールスエンジニア

内野 宏信
@IT編集長

・物理/仮想の混在環境でコストをかけず確実にバックアップする方法は?
・おさえておくべきバックアップ、復旧設計の観点とは?
・他の会社はどんなバックアップ運用をしているの?

などなど、疑問や課題をお抱えの方は、お申し込みフォームの質問募集欄になんでもお書きください。パネルディスカッションでズバリ回答いたします。

(お時間の関係で、全てには答えられないかもしれませんが、できるだけたくさんの疑問を解消できるように頑張ります!)

※講演内容、登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。