本セミナーでは、これまでの省エネルギー対策事例や省エネルギー関連の補助金にフォーカスして、2015年の省エネルギー対策に役立つ内容を紹介する予定です。エネルギー対策に課題を抱える経営者様、老朽化した設備の更新や省エネ・省コストにご関心をお持ちの設備管理責任者様を対象に、今後の省エネルギー対策のトレンドや政策動向をご理解いただくのに最適なセミナーです。

基調講演 講師プロフィール

環境省 地球環境局
地球温暖化対策課 市場メカニズム室
室長補佐
飯野 暁 氏
平成15年環境省入省。温室効果ガス排出量算定公表制度の創設、環境影響評価法の改正(計画段階環境配慮の導入)、水俣病対策などを担当。
平成26年7月より現職。事業者向けのCO2削減対策の診断事業、CO2の大幅削減に繋がる高効率設備の導入支援、先導的低炭素技術(L2-Tech)の開発導入支援といった省エネルギー・省CO2対策に従事している。

特別講演 講師プロフィール

財団法人 省エネルギーセンター
家庭省エネ・人材本部 人材育成事業部
専門職
鈴木 伸隆 氏
・技術経営修士(MOT) ・シニア教育士(工学・技術)・環境カウンセラー(環境省認定・2011113004) ・CEAR登録環境審査員補(C01379)・東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境システム学専攻 博士後期課程(2014~)
・平成11年4月、省エネルギーセンター入職。平成14年12月より教育部(平成25年7月より「家庭省エネ・人材本部 人材育成事業部」に改組。現在に至る)に所属。産業・業務部門を対象とした、省エネ推進に必要な知識・技術に係る教育等の企画立案を基軸としつつ、執筆・講演・講師・地域での事業アドバイザー等、多岐に亘る業務を経験する。

講演 講師プロフィール

オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
環境エンジニアリング部 環境SE1課
担当マネージャー
村上 貴彦 氏
前職のエンジニアリング会社において数多くのエネルギープラントの営業を経験したのち、2009年の環境・エネルギー事業立上げとともにオムロンフィールドエンジニアリング株式会社へ入社。現在では環境事業本部に所属し、環境エネルギーエンジニアリング事業に従事。
事業者のエネルギー/設備に関するさまざまな課題に対してトータルソリューションを提供。

開催概要

タイトル 事例から学ぶ、省エネルギー対策のいま【東京会場】
―― 補助金の有効活用でエネルギー使用の最適化を実現 ――
日時 2015年3月12日(木) 14:00~17:00
会場 AP秋葉原4F
JR各線・つくばエクスプレスをご利用の場合
「秋葉原駅」中央改札口より徒歩約5分
東京メトロ日比谷線をご利用の場合
「秋葉原駅」2番出口より徒歩約5分
東京メトロ銀座線をご利用の場合
「末広町駅」1番出口より徒歩約5分
都営新宿線をご利用の場合
「岩本町駅」A3出口より徒歩約8分
定員 100名
対象 企業・事業場の省エネ、エネルギーコスト削減に関心のある企業、自治体担当者/管理職層
※主催の競合企業にお勤めの方、および上記対象外の方のお申し込みはお断りすることがございます。予めご了承ください。
参加費 無料
主催 オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
協力 スマートジャパン

※講演内容、登壇者などプログラム内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プログラム

13:30~ 受付
14:00~14:05 ご挨拶

 オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
 環境事業本部
14:05

14:55

基調講演

環境省の省CO2施策について

 地球温暖化対策においては再生可能エネルギーの最大限の導入と同時に、徹底した省エネルギー・省CO2の取り組みが不可欠である。
本講演では、「省CO2」という観点からエネルギーにかかる日本の現状を概観するとともに、環境省の省エネルギー・省CO2対策推進のための施策を紹介する。

講演:
 環境省 地球環境局
 地球温暖化対策課 市場メカニズム室
 室長補佐
 飯野 暁 氏
14:55

15:05
休憩
15:05

15:45

特別講演

国等の省エネ支援策(補助金等)活用のコツと考え方

 国の補助金等(支援策)は、省エネを進めていく上での実行、実現の可能性を広げる一方策です。しかし、この「省エネ補助金」を活用するにはコツを知っておく必要があります。また、補助金があっても知らなければ…。そこで補助金の見つけ方や申請の仕方等もご紹介します。

講演:
 財団法人 省エネルギーセンター
 家庭省エネ・人材本部 人材育成事業部
 専門職
 鈴木 伸隆 氏
15:45

16:25

講演

設備の老朽化更新とエネルギーコスト削減にお悩みの方へ
~ オムロンFE 環境エンジニアリング事業のソリューションのご紹介 ~


◎ライフサイクルコストで考える、設備の老朽化と省エネ
◎補助金の活用、そのメリット・デメリット
◎上手なリースの活用法
◎事例紹介

講演:
 オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
 環境エンジニアリング部 環境SE1課
 担当マネージャー
 村上 貴彦 氏
16:25

17:00
質疑応答
17:00 閉会

※講演内容、登壇者などプログラム内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■お問い合わせ先:アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_em@sml.itmedia.co.jp    TEL: 03-6824-9377

主催

協力

Copyright(C) 2015 ITmedia Inc. All Rights Reserved.