上流行程でのモノづくりプロセスを最適化する「フロントローディング」にCAEが役立つという認識は広まってきました。品質課題の早期解決、開発コスト削減、開発期間短縮などメリットは数多くありますが、一方でそこに本気で取り組めている企業・開発者はどれほど存在するのでしょうか。フロントローディング推進でのポイントは「設計者CAE」ですが、上手く導入すれば多くのメリットがあるものの導入コストや運用面で二の足を踏んでしまい、本格的な採用に踏み切れないという声も聞きます。そこで注目されているのがクラウド活用です。

MONOistでは、このフロントローディング推進のため、「フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用」と題し、セミナーを開催します。成功事例や各種セッション、パネルディスカッションなどで問題を解きほぐし、スムーズな活用に繋げる“気付き”の場をご提供いたします。

基調講演 講師プロフィール

オムロン株式会社
グローバルものづくり革新本部 
生産技術革新センタ 要素技術部
技術専門職 技術士(機械部門)
岡田 浩 氏
1991年、オムロン株式会社に入社。金属・樹脂材料の加工の影響を考慮した強度・疲労寿命予測、電子機器の放熱対策などに取り組むとともに、構造・熱・樹脂流動CAEの社内外の教育・推進に従事した。現在は、グローバルものづくり革新本部に所属し、「金属・樹脂製品の加工法の研究・開発」「CAEを用いた設計・生産工程革新活動」に従事している。
社外では、NPO法人CAE懇話会の関西支部幹事などでCAE推進活動にも携わっている。 著書に『設計検討ってどないすんねん!』、『塾長秘伝 有限要素法の学び方!』(共著:日刊工業新聞社)がある。



開催概要

タイトル 【CAE カレッジ】フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用
日時 2015年11月27日(金) 14:00~16:50(受付 13:30~)
会場 ベルサール八重洲 Room D
「日本橋駅」 A7出口 直結 (東西線・銀座線・浅草線)
「東京駅」 八重洲北口 徒歩3分 (JR線・丸ノ内線)
定員 30名
対象 設計現場の開発者からマネージャーの方
※協賛の競合企業にお勤めの方、および上記対象外の方のお申し込みはお断りすることがございます。予めご了承ください。
参加費 無料
主催 アイティメディア株式会社 産業テクノロジー事業部 編集統括部
協賛 日本アイ・ビー・エム株式会社

※講演内容、登壇者などプログラム内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プログラム

13:30~ 受付
14:00

15:00

基調講演

オムロンのCAE適用事例と2020年を見据えたCAE戦略

オムロンでは、「設計上流でのCAE活用による開発期間短縮」「生産工法検討時のCAE活用によるコスト・タクトタイム削減」を柱にCAE活用・推進戦略を策定し、実践している。ここでは、弊社のCAE適用事例と2020年を見据えたCAE推進戦略を紹介する。

講演:
 オムロン株式会社
 グローバルものづくり革新本部 生産技術革新センタ 要素技術部
 技術専門職 技術士(機械部門)
 岡田 浩 氏
15:00

15:40

セッション

最新事例とベンチマーク結果からひも解く、CAEのクラウド化の「いま」と「これから」

CAEのクラウド活用では必ず通る、費用面における、オンプレミスとのリアルな比較をご紹介。
クラウドの効果的な活用方法を、最新事例とベンチマーク結果を交えて判り易く解説いたします。

講演:
 日本アイ・ビー・エム株式会社
 クラウド・マイスター
 安田 智有 氏
15:40

15:50
小休憩
15:50

16:30

パネルディスカッション

設計上流でのCAE活用と課題

【ディスカッションテーマ】
・設計者CAEとは何なのか?/何をすることなのか?
・設計者CAEのメリットと導入する上での課題
・設計者自身がCAEを使えるようにするために、よい方法やツールはあるか?
・CAEを設計初期段階(設計上流)で活用する際の課題や解決案
・設計者CAEの運用でクラウドHPCサービスを生かせるか?

登壇:
 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 エンタープライズシステム事業企画室
 ビジネスソリューション推進部
 デスクトップソリューション推進課 課長
 エグゼクティブエンジニア
 井出 貴臣 氏

 オムロン株式会社
 グローバルものづくり革新本部
 生産技術革新センタ 要素技術部
 技術専門職 技術士(機械部門)
 岡田 浩 氏

 日本アイ・ビー・エム株式会社
 クラウド・マイスター
 安田 智有 氏

モデレーター:
 アイティメディア株式会社 
 産業テクノロジー事業部 
 編集統括部長 
 西坂 真人
16:30

16:50
質疑応答~閉会挨拶

※講演内容、登壇者などプログラム内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■お問い合わせ先:アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
E-Mail: event_em@sml.itmedia.co.jp    TEL: 03-6824-9377

主催

協賛