業務の処理手続きを自動化するワークフローシステム。業務効率化や内部統制のために導入・検討している企業は多いですが、ワークフロー導入のメリットはそれだけではありません。

ビジネスのスピードが早くなっている昨今、企業のITシステム導入は、ビジネスの変化に柔軟に対応できるか、そして社員の生産性を上げるかという視点も必要になってきています。それはワークフローも同じこと。“守り”の面だけではなく“攻め”の視点でワークフローシステムを見直すと、導入や運用のポイントも変わってくるでしょう。

業務効率化だけではなく、社員の生産性を高め、ひいては企業の競争力を高めるためのワークフロー基盤をどう構築すればいいか。本セミナーでは、これからの時代のワークフローについて、実例を踏まえながら答えを探っていきます。

※個人の方の申し込みはお断りさせていただきます。
※協賛社の競合企業にお勤めの方はお断りさせていただく可能性がございます。


基調講演 講師

【基調講演 講師】
日本マイクロソフト株式会社
エバンジェリスト
西脇 資哲 氏

日本経済新聞で紹介されたIT「伝道師/エバンジェリスト」。
1996年から13年間、日本オラクル株式会社に従事し、現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。講演や執筆活動も行っている。著書に「エバンジェリスト養成講座~究極のプレゼンハック100~」、「エバンジェリストの仕事術」、「プレゼンは “目線” で決まる」など。

プログラム

受付
12:30~13:00
基調講演
13:00~13:50
コラボレーションとワークフローが生産性と活性化を向上させる

根回し”の必要性や稟議文化など、日本特有の機能が求められるワークフローシステム。 外資系企業と日本企業のワークフローの違いを考えつつ、日本の文化を背景とした働き方や生産性について紹介。 生産性と活性化向上のキーとなるチームコラボレーションとワークフローについてお話をします。

西脇 資哲氏
日本マイクロソフト株式会社
エバンジェリスト
休憩
13:50~14:00
 
セッション1
14:00~14:45
膨らみ続ける情シスの負担を大幅に削減
~「開発」「カスタマイズ」に潜む罠を徹底伝授


「システム導入したら情シスの負担や、運用コストが増えたんだけど。」 全社基盤のワークフローを導入したユーザからこんな切実な声をよく聞きます。後から気づいても遅い「追加開発」や「カスタマイズ」に潜む罠を徹底伝授するとともに、情シスの負担を大幅軽減するワークフローシステムを紹介します。

青木 健一 氏
株式会社エイトレッド
第1営業部
部長
セッション2
14:45~15:30
利用企業がぶっちゃけたワークフローへの本音
~清水建設/オープンハウス 他


ワークフローシステム導入の成功企業の導入事例をご紹介。 情シスの担当者が今だからぶっちゃけられるワークフローへの本音を交えながら、選定・導入・運用とそれぞれのフェーズで抱えていた課題や成功までのストーリー、独自の活用方法などをお話しします。

千林 正太朗 氏
株式会社エイトレッド
第2営業部
部長
 

※登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。