国内外の事例に見る、どこに適用し、何のために使い、どう作るのか?

OpenStackはネット企業がサービスの基盤として使うもので、一般企業では「新しいアプリケーション」がないため普及しない――。こうしたイメージは、過去のものになろうとしています。2015年秋以降、一般企業におけるOpenStack導入事例が、少しずつ明らかになってきているからです。

ある企業は、協力企業を巻き込んでクラウドサービスを構築するためにOpenStackを使い、別の企業は、ITガバナンスを効かせるため、OpenStackで共通業務基盤を作っています。さらに別の企業は、業務アプリ開発を迅速化する自動化ツールとして、OpenStackを用いています。

本セミナーは、一般企業のOpenStack利用に焦点を当て、国内外の活用事例を紹介するとともに、ベストプラクティス、構築・運用における落とし穴の回避方法などを議論します。

対象者

社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、プロジェクトマネージャ、システムエンジニア、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者など

Guest Speakers


株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
武田 健太郎 氏
(日本OpenStackユーザ会)


レッドハット株式会社
平 初 氏
(日本OpenStackユーザ会)


株式会社ヒスコム
藤井 孝憲 氏


となみ衛星通信テレビ株式会社
小林 秀史 氏


アイシン軽金属株式会社
鍛冶 一志 氏


Office of the CTO at Blue Box, an IBM Company
Ed Saipetch