「これが日本のトップアーキテクト」に選出された
富士フイルムICTソリューションズの柴田 氏が語る戦略的ICT活用とは?
~ コストダウンと効率化を進めるシステム運用管理で攻めの投資を ~

IT戦略の立案やシステム企画から、基幹システムの運用と管理、そしてユーザーサポートやヘルプデスク業務まで、情報システム部門が担う役割は多岐に渡る。しかし現実は、運用管理やサポートに時間とコストを奪われがちで、本来の役割である、IT戦略の立案やシステム企画などになかなか手が回らないことも多い。

新しい取り組みをしっかりと手がけ、業務部門を支え、経営陣とも渡り合い、企業の成長を促進する「次の一手」を打っている情報システム部門はどうやってこれらの業務をこなしているのか。先進的な取り組みを行う企業のリーダーにそのポイントを聞く。



基調講演 講師プロフィール

富士フイルムICTソリューションズ株式会社
システム事業部 ITインフラ部 兼 IT企画部
部長
柴田 英樹 氏

富士フイルムICTソリューションズに入社以来、基幹系システム、プライベートクラウド、情報セキュリティなど社内情報システムのIT戦略策定・企画・開発・運用を担当。近年、グローバルでのパブリッククラウド活用を推進すると共に、ビッグデータの基盤を整備し、AIやIoT活用推進やワークスタイル変革に寄与する活動にも従事。日経BP社IT Proにて「世界を元気にする100人」に、日経SYSTEMSにて「これが日本のトップアーキテクト」に選出。

対象者

経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定する立場の方
企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者など

※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


講演プログラム

受付
13:30~14:00
 
開会挨拶
14:00~14:05
福島 慎二郎 氏
SCSK株式会社
ソリューション事業部門 AMO第一事業本部 エンタープライズサービス部
部長

園部 修
ITmedia エンタープライズ編集部
基調講演
14:05~14:45
攻めと守りのバランスの取れた戦略的ICT活用
ビジネスを取り巻く環境が大きく変化する中、ICTがビジネスの基盤としての役割を拡大させるに伴い、IT部門への期待が高まっています。システム安定稼働、情報セキュリティ対策および業務効率化などの「守り」を固める一方で、ICT技術の目利きであり、グループ全体の業務やデータの流れを把握している部門として、業務変革を提案する「攻め」も求められています。こうした攻めと守りを両立し、信頼される存在であり続けるための取り組みをご紹介します。

柴田 英樹 氏
富士フイルムICTソリューションズ株式会社
システム事業部 ITインフラ部 兼 IT企画部
部長

 
セッション1
14:45~15:05
デジタル化時代のITサービスマネジメント
~「攻め」と「守り」を共生させるITサービスフレームとは~

デジタル化時代のITサービスマネジメントには、システムの安定化と運用管理コストのスリム化といった"守り"に加え、経営や業務部門と協力してアプリケーションを最適化/進化させていく"攻め"の姿勢が求められます。本セッションでは、SCSKが手がけた事例とともに、"攻め" と "守り” を実現する具体的な方法をご説明します。

瀬田 直樹 氏
SCSK株式会社
ソリューション事業部門 AMO第一事業本部 エンタープライズサービス部 第三課
課長  
セッション2
15:05~15:25
スピード経営に対応できる、俊敏な情報システム基盤のつくり方
~超高速開発基盤の活用事例~

事業環境の激的な変化にも柔軟に対応し得るITやIT組織が求められる今、プログラミングレスで業務アプリを構築する"超高速開発基盤"が注目されています。ビジネスのデジタル化を圧倒的なスピードで実現するこの"超高速開発基盤"をデモを交えご紹介します。

松本 妙子 氏
SCSK株式会社
ソリューション事業部門 AMO第二事業本部 先進開発部 第一課
課長
コーヒーブレイク
15:25~15:35
 
セッション3
15:35~16:15
次世代ERPへの"トランスフォーメーション"を成功させる方法
~"Panaya CloudQuality Suite"がもたらすSAPイノベーション~

Panayaは2006年から世界初のSaaS型の影響分析を提供し、これまでに2200社のプロジェクトを成功に導きました。平均でプロジェクト期間の30%、プロジェクト費用の50~70%の削減を実現しているPanayaソリューションを、今後のS/4HANAのマイグレーションに備える方法と導入実績を交えながらご紹介します。

山岡 英明 氏
Panaya Japan 株式会社
代表取締役  

※登壇者、タイムテーブルが変更になる場合がございます。予めご了承ください。


主催


ITmedia エンタープライズ


協賛


SCSK株式会社



Panaya Japan 株式会社