今、「AI/ビッグデータ/IoT」の企業活用が注目を集めています。顧客行動履歴や画像など、リアルタイムに蓄積されていくビッグデータから、顕在・潜在ニーズをスピーディに読み解くことで、将来ビジネスに活用する期待は、業界を問わず高まってきています。

しかし、それを支えるインフラ担当者にとっては、今、具体的にどのような環境を整えておくべきなのか、わかりにくいのも事実です。

本セミナーでは、楽天、リクルートテクノロジーズなど、「AI/ビッグデータ/IoT」で新たなビジネス価値を生み出しているリーダーたちが、自らの活用事例を紹介。また、電通の事例などを通じて、将来目指すべき像を具体的に示します。

また、そこにいたるまでに今準備しておくべきインフラについて、システムインテグレータおよびベンダー各社がご紹介。「AI/ビッグデータ/IoT」を支えるインフラ、ストレージ技術についてご案内しながら、「最先端事例に近づくために、今リアルに必要なこと」をお伝えします。

Guest Speakers


楽天株式会社
楽天技術研究所
インテリジェンスドメイングループ マネージャ
平手 勇宇 氏


株式会社リクルートテクノロジーズ
ITソリューション統括部 ビッグデータ部
奥田 裕樹 氏

※ 協賛企業の競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りすることがございます。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


プログラム

開会挨拶
13:30~13:35
三木 泉
@IT編集部
エグゼクティブ・エディター
基調講演
13:35~14:15
人工知能に任せないと難しい時代、何をどうやるべきか
~楽天のAI技術活用から人材育成まで~


楽天技術研究所は、オンラインショッピングから金融まで、多岐にわたる楽天グループの事業活動を対象に、世界中の頭脳を結集し、機械学習/ディープラーニングやIoTに関する開発、および技術の適用を進めています。
こうした経験から、機械学習/ディープラーニングを「使う」にとどまらず、「任せる」ことを考えていくべき場面が増えていると語ります。平手氏の考える、ビジネスと人工知能の今および近未来とは。AI時代に必要な人材育成に至るまで、楽天の取り組みをお話しいただきます。

平手 勇宇 氏
楽天株式会社
楽天技術研究所
インテリジェンスドメイングループ マネージャ
セッション1
14:15~14:55
電通様事例:AI+IoTによる車種別ターゲティング道路広告開発の全容

AIの中でも、画像認識率を飛躍的に高めたディープラーニングが注目を集めています。本セッションでは、電通様のプロジェクトを事例に、開発手順やアーキテクチャ、課題、応用例、今後の展開についてご紹介。大量の学習用データの管理と保存により開発プロジェクトを支えたSDSについてお話しします。

太田 洋 氏
クラウディアン株式会社
代表取締役CEO
セッション2
14:55~15:25
SIerの視点から伝える、将来を見据えたSDSのリアル

本格的なビッグデータ時代を迎え、多種多様な情報を収集・アーカイブするためのストレージの需要が高まっています。本セッションでは、柔軟性、信頼性及び経済性が求められる中、環境変化に応じてどのように「次世代のデータ保管と保護」を実現したかについてのソリューション事例をご紹介します。

松下 悟 氏
FOBASコンサルティング株式会社
代表取締役

新井 昌宏 氏
NTTデータ先端技術株式会社
Blue3事業部
戦略推進担当 チーフコンサルタント
休憩
15:25~15:40
 
セッション3
15:40~16:10
ビッグデータ・IoT・AI時代のストレージ選択の道標

ビッグデータ・IoT・AIでデータを利活用する時のハードウェア構成はどのように選択すべきか?について、事例とともに、あるべき姿への指針についてご説明いたします。

早川 哲郎 氏
レノボ・ジャパン株式会社
データセンターソリューション事業本部
レノボ・サーバー・エバンジェリスト
特別講演
16:10~16:50
リクルートグループの現場事例から見る
AI/ディープラーニング ビジネス活用の勘所


昨今AIや機械学習、ディープラーニングといったワードが世間を賑わしています。
これらの技術をいかにビジネスに活用できるのか、多くの企業の課題となっているのではないでしょうか?
リクルートテクノロジーズでは、これまで個々のサービスニーズに沿ってスクラッチ開発していた機械学習ソリューションを、より早く、簡単にグループ内のサービスに展開するためのAPI群である「A3RT(アート)」を構築しました。
本講演ではこの「A3RT(アート)」を例に、リクルートテクノロジーズにおけるAIのビジネス活用の考え方や、実際の業務から得たビジネス活用の「勘所」を現場の目線からお話しします。また、最近のAI関連のニュースを題材に、ビジネス活用のヒントを得るための「読み解き方」もあわせてご紹介します。

奥田 裕樹 氏
株式会社リクルートテクノロジーズ
ITソリューション統括部 ビッグデータ部
ビッグデータプロダクト開発グループ

※登壇者、タイムテーブル、セッション内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。